葉酸サプリは安全?

妊娠中や授乳中は、赤ちゃんへの影響を心配して口に入れるものに対しては神経質になります。もちろん食べ物もそうですが、薬やサプリメントにも気を使いますよね。まず、薬は絶対に処方されたもののみ服用が原則です。自己判断で飲んでしまうと大変危険ですので絶対にしてはいけません。

ではサプリメントはどうなのでしょうか。妊娠中に摂取した方がいいと言われている葉酸サプリを選ぶ時も吟味したくなりますよね。現在発売されている葉酸サプリは、安心・安全、無添加、妊娠中でも大丈夫などとうたわれています。では、実際の安全性はどうなのでしょうか。

葉酸サプリについて調べると「合成葉酸は危険」「無添加だから安心」などさまざまなキャッチコピーや宣伝文句が目につきます。こうした文字は妊娠中や授乳中などのナーバスな時期に目にしてしまうと頭から離れなくなってしまい、惑わされてしまいます。そうした煽り文句や耳障りのいい言葉に惑わされずに冷静になって選びましょう。

例えば合成葉酸は石油から作られるから危険だと言う方もいます。確かに化学的に合成されたものですが、石油そのものではありません。合成葉酸は、妊娠前から妊娠初期において厚生労働省が摂取をすすめています。合成葉酸は危険だという思い込みで避けてしまうと、葉酸摂取量が足りなくなる可能性もあります。

また、無添加の表示についてもよく考える必要があります。無添加というとそれだけで安全だと思いがちですが、添加物のすべてが危険なものではありません。サプリは添加物なしで作ることはできないともいわれています。

安全性の高い添加物と、そうでない不要な添加物には違いがあります。きちんと見極めて本当に安全と言える葉酸サプリを選びましょう。

葉酸サプリ自体の飲み方も守らなければいけません。サプリから葉酸を摂取する場合は、きちんと用量を守らないと過剰摂取になってしまう恐れもありますので気を付けてください。

ページの先頭へ